対策

花粉症対策の基本

健康向上情報コメント&トラックバック(0)

花粉症はアレルギー症なので、一度かかるとなかなか治らなく、うまく付き合っていくといった治療になります。
花粉症という言葉が一般的になったころはスギ花粉のアレルギーを指していましたが、最近では1月中ごろからスギ花粉が飛び始め、10月いっぱいブタクサやイネ科の花粉が飛ぶといった状況で、人によっては色々な時期に花粉症になってしまいます。
ただやはりスギ花粉にアレルギー反応を起こしてしまう人が多いので、春先はマスクをした人をあちこちで見かけます。
世間では花粉症対策グッズやサプリメントが色々な種類販売されていますが、まずは病院で受診しましょう。
目安は花粉飛散開始予想日の半月前ぐらいが良いでしょう。
花粉が飛ぶ前に病院にかかると、予防策を講じてもらえますので、その年の花粉症が軽くなりますので、ぜひ耳鼻咽喉科などの病院へかかることをおすすめします。

花粉症対策の基本


新型インフルエンザの予防と症状

健康向上情報コメント&トラックバック(0)

新型インフルエンザとは

新型インフルエンザとは昨今話題の鳥インフルエンザが人に感染して、人から人へと感染できるように変化したウィルスです。
現在のところ弱毒性ですが、感染力が非常に高く、夏の暑くて湿度の高い状況下でも感染拡大を続けています。
過去にはスペイン風邪といわれるような、風邪といっても4000万人もの死者を出したケースもあり、そのウィルスの変化、新型といわれるだけに抗体がない、免疫力が低いなどにより、爆発的な感染力で色々危険なケースが考えられます。

新型インフルエンザ脳症について

小さなお子様に見られる症状で、突然の痙攣や意識障害などが発生します。
適切な治療が行われない場合、死亡率30%、後遺症25%と、非常に危険ですので、早急な対応が必要となります。
通常乳幼児に発生するので、政府見解でも5歳以下の子供の危険性となっています。
ただ今回の新型インフルエンザの様子を見ていると、10歳を過ぎた子供、中学生などでも見られることから十分な注意が必要です。

新型インフルエンザの予防と症状