朝食欠食アンケート

国民栄養調査によると朝食を食べない子どもが増えてきていて、高校生の年代での割合は、男子で13.7%、女子で9%にのぼります。
朝食を食べないことで子ども達が訴える症状には、いらいらする、体がだるい、集中できない、飽きっぽい、じっと座っていられない、生あくびが出るなどがあります。
さらにただ漠然と気分が悪いという症状があって、動悸や息切れ、発汗、めまい、頭痛などが伴います。これらが「キレる」子どもの原因の一部ではないかと心配されています。
食べない理由は寝坊や食べる時間がない、食欲がないなどですが、朝食は1日のエネルギー源となります。
毎朝きちんとごはんを食べる正しい食習慣を子どもに根付かせて、朝食の重要性をもっと認識させる必要性があります。

朝食の必要性

中学1年生を対象に朝食と集中力との関係を調べた実験をしてみると、朝食を食べた日と食べなかった日とで差が生じました。
計算問題をこなした後の自覚症状を子ども達に聞くと、朝食を食べなかった時には「気が散る」「根気がなくなる」「間違いが多くなる」というこたえが増えました。
朝食を食べないと集中力がおちて、脳がしっかり働いてくれない様子がよくわかります。
なぜ朝食を食べないと頭がぼーっとするかというと、脳を働かせるブドウ糖が1回の食事から肝臓に蓄えられる量を睡眠中に使い切ってしまうからです。
朝の脳はエネルギー補給を待ちかねているガス欠状態なのです。
脳のエネルギー源になるブドウ糖は、砂糖に含まれているショ糖、果物に含まれている果糖、ごはんやパンのでんぷんが消化吸収されたものです。
朝食でこれらの食品を食べると血液中にブドウ糖が入り血糖値が上昇します。
頭がすっきりと目覚めてくるとともに、体温も上がってくるので体のウォーミングアップは完了し、集中力もアップします。

生活リズムの見直し

小学校の高学年ともなると就寝時間が遅くなり、生活パターンが夜型に傾いている子どもも少なくありません。
夕食の時間が遅かったり夜更かしをしていると、当然朝はなかなか起きられず食欲もわいてきません。
夜は成長ホルモンがたくさん分泌されるので、子どもにとって大事な時間帯でもあります。
どうしても朝食を食べる時間がないなら生活リズムを見直して朝型のパターンに戻してあげて下さい。
朝食メニューも難しく考えないでインスタントのスープやお味噌汁、シリアル(コーンフレーク)や菓子パン、おにぎり等などなんでもいいと思います。
栄養バランスを考えるならヨーグルトや果物の組み合わせや、玉子やハム、ソーセージ等もいいですね。
時間がたっぷりある休日には、親子で一緒に準備するのもいいでしょう。
パンケーキを焼いたり、サンドイッチ用のパンや具材をそろえて自分ではさんで作るだけでも子どもは喜んで食べてくれます。



トラックバックURL

http://www.lifestyleblog.org/meal/%e6%9c%9d%e9%a3%9f%e6%ac%a0%e9%a3%9f.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です